プルーフ・リーディングの重要性

グローバルなビジネスの現場で、皆さんが、提供したい商品の説明を、英会話や英文を通して行わなければならない場合、商品を説明する口頭での英会話と英文書類の内容作成については、とくに慎重に行わなければなりません。実際、交渉の場などで、口頭による英会話の文法や英単語の使用を誤ってしまった場合は、その場で即時に、謝罪と訂正を行う事ができますが、会話でのやりとりとは異なり、英文書内でのミスは、受け取る側の人々にとっては、皆さんの会社の信用性を評価する素材として、その質を問われるものになりかねません。英会話中のミスとは異なり、商品説明などの英文表記の間違いについては、慎重な対応を行っていく姿勢が重要です。このような重要な文書や書類の校正などを、それらの分野の専門家たちに依頼する事を、プリーフ・リーディングなどと呼んでいるようです。このような英文書の専門家たちの力を借りる時に、気をつけて頂く事は、プリーフ・リーディングは翻訳とは異なるという点です。皆さんが、作成した日本語の文書を、英文書に書き換えることは「翻訳」作業となり、皆さんが、作成した英文書を、専門家が校正する事を、プリーフ・リーディングと呼びます。ですから、プリーフ・リーディングを依頼する、書類には、有る程度の英文書としての質の高さを求められているのです。